戦力外から頼れる4番へ

25年ぶりのリーグ優勝に向けてラストスパートかけている広島東洋カープ、元々若手の育成には定評があったチームですがその中で今年チームを引っ張っているのが御年39歳の大ベテラン、新井貴浩選手です。

一昨年オフ、阪神から復帰してきた当初は既に終わった選手と言うものは見方が大方を占めていましたが、昨シーズン開幕当初から経験の浅い若手を引っ張る大活躍、今ではカープの頼れる4番として大活躍中です。

新井選手は元々カープの選手、若手の頃は前田智徳選手や金本知憲選手の背中を見ながら育ち、特に金本選手が阪神へ移籍後は主軸として活躍してきました。

後に金本選手の後を追うようにして自らも阪神へと移籍、移籍当初は金本選手と共に主軸を担う活躍をしてきましたが若手の成長は外国人選手の活躍もあり、次第にベンチを温める選手へとなっていきました。

持ち前の明るさと負けん気の強さでチームを引っ張る大ベテラン?今年こそは自らも経験したことのない優勝へとチームを導いて欲しいものです。またhttp://xn--vio-6r8f89ylm7ajly.jp

戦力外から頼れる4番へ