依然、中国人観光客のパワーを感じる

昨日、仕事に行く途中に久々に大型客船が停泊していたので自転車を停めて見てみると、やはりでかい。
船名を見てみると、クァンタム・オブ・ザ・シーズと書いてある。後でネットで調べてみたらアジア最大の豪華客船らしく、全長約350メートル、
排水量は約16万トンという大きさであった。間近で見ると本当にマンションを見ている様だった。
ちょうどその時、観光バスが何台も戻って来たので、停泊中に上陸して観光にでも行っていたのだろうと思った。きっと裕福な人たちなのだろうと思いつつ、
いつかは私もこんな船旅をしてみたいものだと思う。
昔、仕事で日本のクルーズ船である飛鳥に乗る機会があったので見学してみたが、タバコの自販機が二台あったのを覚えている、ひとつは領海内用、
もう一つは領海外用のものだった。つまり税金の関係で二つ用意してあることに感心したことを覚えている。
翌日のこの船に関する新聞記事を読んだが、旅客の大半は中国人観光客とのこと。パワーは依然衰えていないことを感じた。http://www.marmoolak.net/

依然、中国人観光客のパワーを感じる